未分類

公務員の副業にはFXがおすすめ!本業に支障なしで自動で稼いでくれる

FXとは

 FX(Foreign Exchange)の略です。

 FXでは、2つの通貨をペア(通貨ペア)にして取引を行います。例えば「米ドル/円」の2つの通貨ペアが、一番人気がある取引です。

 FXで取引できる通貨の種類・数は、会社によって異なりますが、だいたい30通貨ペア前後の種類を取り扱っている証券会社が多いです。

 

 FXで取引できる主な通貨ペアの一覧(外為オンラインの例を挙げています) 

米ドル/円

ユーロ/円

英ポンド/円

豪ドル/円

NZドル/円

カナダドル/円

スイスフラン/円

南アフリカランド/円

トルコリラ/円

ユーロ/英ポンド

ユーロ/米ドル

NZドル/米ドル

メキシコペソ/円

豊富な数から、自分が取引したい通貨ペアを選んで取引できるのが、FXの魅力です。ヨーロッパによく旅行に行かれて、ユーロの通貨を身近に感じている方なら「ユーロ/円」を選ぶのも良いですよね。

ただし、通貨ペアによっては変動が大きいものもあるため注意が必要です。上記リストの中で、変動幅が大きいものとしては、「ユーロ/NZドル」や「米ドル/カナダドル」が挙げられます。

FXにまだ慣れていない初心者にお勧めな通貨ペアは、毎日ニュースでも取り上げられる、身近な「米ドル/円」です。毎日値動きを見ていると、変動幅も想像しやすいと思います。

自分が選んだ通貨ベアがどれくらい大きく動きそうか、チャートやニュースを確認することで妄想することも大切です!

このように、FXは自分で選んだ通貨ペアで取引を行い、「通貨の価値が上がった!下がった!」によって発生する「差分の利益」を獲得する投資方法です。 

FXのしくみ

通貨のレートの差額で利益を得る

FXは通貨のレートの差額で利益を得られるしくみです。通貨のレートとは、2カ国間の通貨の交換比率のことです。交換比率とは、「1ドルを買うには100円必要」など、売る人と買う人の需要と供給で決まるものです。

「通貨のレートで差額で利益を得る」の具体的な例について、円とドルの売買を取り上げて説明します。

  例えば、1ドル=100円のときに、ドルを1通貨買ったとします。

  その後、1ドル=101円になったところで、持っていたドルを売ったとしましょう。

1ドルの価値が100円→101円にあがったので、「1円の利益」を手に入れることができます。

これが「通貨のレートの差額で利益を得る」ということです。

ちなみに、「1円の利益」というと小さく感じるかもしれませんが、ドルをどれくらいの数持つかによって、利益が大きく変わります。

どれくらい変わるかというと、具体的には下記の通りです。

   1ドル(=100円分)・・・1円分の利益

         10ドル(=1000円分)・・10円分の利益

         100ドル(=1万円分)・・100円分の利益

  1000ドル(=10万円分)・・1000円分の利益

  1万ドル(=100万円分)・・1万円分の利益

 

1万円文の利益を出すには100万円もの大金が必要なの?!

1万ドル(100万円)なんて持ってないから、そもそも買えるわけがない!!

と思っている方でも大丈夫です!

FXではレバレッジという魅力的な仕組みがあります。

レバレッジについて

FXには「レバレッジ」という仕組みがあり、手持ちの資金に対して最大25倍の取引を行うことが可能です。具体的には、資金に対して5万円の資金を持っていた場合、25倍の1万ドル分(100万円分)を保有して取引を行うことができます。

レバレッジがあることで、何倍もの利益を生み出すことが可能になります。

例えば、5万円の資金でレバレッジを利用して、1ドル=100円のときに1万ドルを買ったとしましょう。1ドル=101円になったところで、持っていたドルを売ると、1万円の利益となります。

レバレッジがあれば、「たった1円の動きで1万円の利益」を手に入れることができるんです。レバレッジがあると、資金よりも多くの取引ができるので、手持ちの資金が少なくても大きく稼げるチャンスとなります。

FXのメリット

金利スワップが受け取れる

FXのメリット、1つ目は、金利スワップによる利益を受け取れることです。金利スワップとは、取引している2つの通貨間の「金利差」のことを指します。

FXのスワップポイント(金利差)は日割り計算であるため、毎日金利差を受け取ることができます。

金利スワップが受け取れる例:   

仮に、日本の金利が1%、アメリカの金利が3%であった場合、

アメリカのドルを保有しているだけで、毎日2%分の金利を受け取ることができます。(2%とは、アメリカの金利(3%)-日本の金利(1%)で計算しています。)

FXでは、外貨預金に比べてもはるかに高い金利を受け取ることができるので、とても魅力的です。

24時間売買できる

FXのメリット、2つ目は平日24時間いつでも取引ができることです。日本の株式投資だと、日本国内の市場のみ取引をするため、取引時間は9:00-15:00です。それに対して、FXは世界中の為替市場が対象であるため、24時間、常に他国の証券取引所が開いています。

24時間売買できるということは、日中お仕事が忙しくて、ほとんど時間がないサラリーマンでも、通勤時間であったり、仕事が早く終わった時、仕事が忙しくて寝る前の限られた時間等、ライフスタイルに合わせた自分の好きな時間に、FXの取引を行うことが可能です!

いつでも自分の好きな時間に、好きなだけ取引できるのがFXの魅力です!

仕組みがシンプルでわかりやすい

FXのメリット、3つ目FX自体の仕組みがとてもシンプルでわかりやすいことです。それにより、誰でも簡単に取引ができます。

円が上がるか下がるかを予想して、取引を行います。「円高の時にドルを保有して、円安になったら売る!」というシンプルな考え方で大丈夫です。

日本の株式投資だと上場している企業の銘柄が多数あります。そのため、どの企業がいいのか、どの情報をみたらいいのか、初心者には情報がたくさんありすぎて、なかなか始められない人が多いとも言われています。

FXは2国間の通貨が上がるか下がるかを予想するのみです。仕組みがとてもシンプルなので初心者でも簡単に始めることができます。 

FXはコンピューターによる自動売買もできる!

FXはコンピューターに任せた自動売買もできます。今上がってるトレンドなのか、下がっているトレンドなのかをコンピューターが自動的に判断して売買を進めてくれます。

自分が予想するのが怖い!という方はコンピューターにお任せしても良いかもしれませんね。

FXの証券会社には、デモ口座を用意しているところも多いので、デモトレードで色々試してから、実際の取引に挑むこともできますよ!   

FXのデメリット

資金を失う可能性がある

FXでは、大きな利益を得やすいのがメリットである反面、大きな損失が出て、資金を失ってしまう可能性もあります。

レバレッジを利用した場合、予想していた方向と反対に動くと、どんどん資金を失う恐れがあるためです。

資金をできるだけ失わないようにするためには、取引を行う前に、あらかじめ損切りする価格を設定する等ルールを決めて、必ず守ることです。FX等の投資は、自分をコントロールすることが非常に大切です。

FXは大きく稼ぎやすいことが最大のメリットでもありますが、反対の動きをすれば資金を一気に失う恐れもあるので、取引する前に必ず自分のルールを設定しましょう。